スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『空中ブランコ』奥田英朗
評価:
奥田 英朗
(2008-01-10)
Amazonおすすめ度:
精神科医・伊良部シリーズ二作目。
一作目『イン・ザ・プール』を読んでいなくても問題なく読める。

風変わりな精神科医・伊良部一郎が巻き起こす笑いあり涙ありの診療記録を、
各編ごとに変わる患者達の視点から描く。
「空中ブランコ」「ハリネズミ」「義父のヅラ」「ホットコーナー」「女流作家」
全五話の短編集。



なるほど、面白いです。
今の社会が求めているものを上手に取り入れた娯楽小説。

暗いニュースを見ては憂鬱になり、笑いと癒しを求めてる。
数字が取れるゴールデンをバラエティ番組が独占してるのがいい証拠だ。
最近じゃニュース番組に、お笑い芸人がコメンテーターとして出演することも珍しくないしね。

『空中ブランコ』は、そんな現代社会の縮図であり、ニーズに応えた作品といえませんか。傍から見れば可笑しな患者たち、彼らに共通しているのはストレスで精神や神経を病んでいる。そんな彼らの悩みを、あはは、と軽く笑い飛ばす伊良部はまさに笑いと癒しを兼ね備えた存在。彼は恩着せがましく救世主ぶることもなく、政治家のように聞こえのいいことも言わない。
ただありのままの姿で患者と接し、無茶苦茶に引っ掻き回す。
そんな子供のような伊良部に怒りを通り越して呆れる患者、しかし気付けばその純真無垢な伊良部が太陽のように心の闇を照らしている。それに患者自身が気付き、自分の足で立ち上がり、歩いていくのだ。

明暗の緩急が激しいが、ついていけない、ということはない。
最初に悩み苦しみ途方にくれる患者の姿をしっかりと描写することでドラマ要素を確立し、単なるコメディで終わらせない感動を演出している。その色分けがはっきりしておりとても読みやすい。
おかげで、結末で患者と一緒になって爽快感を味わうことができる仕組みだ。
コメディ部分も単なる伊良部のボケ倒しじゃなく、患者がツッコミ役も兼ねているから、漫才を見ているような安定感がある。
※個人的には、看護師のマユミがツボだったんだけどね(笑)

伊良部「マユミちゃーん、しばらく休診ね」
マユミ「誰も来ませんよ」



また褒めすぎた。好きなとこから書くと嫌いなとこ書きにくいね。
残念だったのは、展開が完全にパターン化していたこと。
悩める患者の紹介→伊良部の病院へ行く→どたばた診療ののち→ハッピーエンド。
五話とも漏れなくこのパターン。
三話目あたりでは、ハッピーエンドを確信していたので感動は格段に薄れていた。ドラマ要素が消えるわけではないが、後半は完全にコメディ部分がページを捲らせていた。

個人的に、一度は読んでおくべき小説、しかし二度は読む気になれない小説。
でも、映像化したら必ず見ますよ。マユミの強烈キャラを見たい(笑)

追記:「イン・ザ・プール」映像化してますね、今度レンタルしてみます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・ア行(奥田英朗) | comments(0) | trackbacks(0)
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑