スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『空の中』有川浩
評価:
有川 浩
(2004-10-30)
Amazonおすすめ度:

空の中。
「秘密」は遥か前からそこに存在していた。
ある空域で相次いで起こった原因不明の航空事故。
秘密を知った大人たち。
秘密を拾った子供たち。

高度二万メートルの空の中、そこには――。



ああ、切ないなこれは。
泣きたいと思わないのに、泣きそうになる。

人間と未確認生物(白鯨)との出会い。
個であることが全て、とただ生きることを望む白鯨。
人間など及びもしない高い知能を備えていながら、その純真な精神ゆえに他者との関わりを避けてきた白鯨。
しかし、航空事故での接触をきっかけに「ただ生きる」ことが出来なくなる。

航空事故で親を失った少年少女。
少年は心の充足を求め、少女は存在意義を求める。
それが白鯨に絡んで誤った方向へ向かってしまうのが痛々しくて。
彼らを責めることはできない、でも何とかしたい、と頑張る人達がまた切なくて。
極めつけはそんな人間たちのエゴに振り回されても純真な白鯨が愛しくて。
泣かせ三段攻めにあえなくやられました。

なんか有川浩の書く人物って棘があっても内に向いてることが多くて、
そんなに自分を傷つけなくても……と感情移入させられちゃうんだよね。
まっすぐというか何と言うか、心に沁みる台詞が多い。

いや、決して切ないだけの物語ではないんだろうけど、他は全部切なさの演出みたいになってるんだよね。
登場人物には、『図書館戦争』の堂上&小牧のような人物もいて微笑ましいシーンも少なくないし、舞台となる四国の土佐弁は親しみやすい。海と共に生きる生活がゆったりと描かれていてホッとしたりもする。
ただただ平穏に生きる人々がいて、そして空にも同じように平穏に生きる白鯨がいただけ、なんだけど。
互いの存在を知ってしまったために、そこに色んな痛みが伴って、かれらの生活が変わっていく。

やっぱり熱いドラマを語るのが巧い人だなあ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・ア行(有川浩) | comments(16) | trackbacks(2)
『海の底』有川浩
評価:
有川 浩
(2005-06)
Amazonおすすめ度:
危機的状況における人間模様――。

横須賀に<巨大甲殻類>来襲。
為すすべも無く逃げ惑う人々。逃げ遅れて食われる人々。
駆けつけた機動隊は、食われる市民を「奴ら」から守れるのか。
そして、孤立した潜水艦に逃げ込んだ海自隊員と子供たちの運命は――。



事前情報なしで読み始めて度肝抜かれた。
巨大な甲殻類が突如として押し寄せてくるのである。
その大きさたるや軽くメートル級。それが群れをなして押し寄せてくるという。
真っ赤な外殻にいびつなハサミ。その姿はまさにザリガニ。

荒唐無稽なパニックノベルと括ってしまいたいところだがそうでもない。
横須賀はあっという間にパニックに陥っているのだが、人々の混乱ぶりを語った話ではない。
前代未聞の脅威に火力不足を承知の上で決然と立ち向かう機動隊。
保身と対米関係に腰が砕けた内閣を動かすべく捨て身の指揮を執る警察官僚。
潜水艦に逃げ込んだ海自隊員と少年少女の邂逅、そこから明らかになるそれぞれの想いの衝突。
とても熱い人たちの物語なのだ。

『図書館戦争』シリーズでもそうだったが、筆者の書く人物は熱い。
僕が言うことも聞くことも無いような台詞がポンポン出てくる。
そこに漫画的な印象を受けないことも無いが、登場する人物それぞれの心の機微が細かく描写されていて「格好だけ」になっていない。
どの人物にも理解しやすい心理描写が丁寧に書き込まれており、感情移入しやすい。
僕が有川浩に魅力を感じるのは、この人物造形の巧さなんだと思う。
以前、見かけた論評の一節にこんな言葉があった。
「薄っぺらい人間の銃撃戦よりも、
 魅力溢れる人間の立ち話のほうがよほど面白い」
なるほど確かに、と思うのだ。

危機的状況で語られる物語には、警察や政府の厚い壁を始めとして、マスコミの在り方、
女性ならではの問題と様々な要素が取り上げられていて考えさせられる場面も少なくない。
巨大甲殻類来襲というのはあくまで舞台であって、舞台上で語られるのは人間同士の確執、不和、誇り。そこに恋模様も折り込まれていてライトな仕上がりになっている。
少し笑って、少し泣かされて、最後にほっこりさせられる暖かい本でした。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
投票して本ブログランキングを開きます
作家別・ア行(有川浩) | comments(0) | trackbacks(0)
『図書館内乱』有川浩
評価:
有川 浩
(2006-09-11)
Amazonおすすめ度:
図書館戦争シリーズ二作目。

やー、前作に続き二作目も一気読み。相変わらずサクサク本です。
前作を読んでいないと面白さ半減、いや全減ですね。なんだ全減て。

本作は笠原郁とそれを取り巻く人物たちの書き分けがメイン。
結果的には前作の内容の掘り下げになるので、
前作を読んでいないと肝心なところで登場人物の心情を正確に把握できない。
図書館戦争』から読みませう。


内容ですが。
郁が嫌いなわけじゃないんですが、一人舞台じゃなくなってきて嬉しい。
脇役が頑張るほどテンション上がるタイプなんですよね。
この脇役応援癖はどうにもなりません。
あ、でも小牧は応援リストから外しました(笑)
前作読了時点では、小牧が一番好きだったんですけどね。
あの一癖ありそうな正論キャラが好きだった。
だったけど、「恋の障害」を読んで僕の小牧像崩壊ですよ。ガラガラと。
あんな台詞を小牧が言うとは。ただのステキお兄さんになっちまった。
君に応援はもう必要ない。さらば小牧ッ。ありがとう小牧ッ。

で、繰り上がってきたのは、柴崎。
小牧に比べるとかなりの自信過剰ですが曲者っぷりはタメはってる。
本作を見る限り、次回作以降で泣かせ役になると思われる。
頑張れ柴崎。応援してる。

唯一物足りなかったのは、わりと非情さの描写が生温かったところかな。そこを突っ込むべき本ではないかもだけど。
激化の一途と切り出した以上、都合いい戦闘だけにならないことを願う。

とはいえ、あの関係には今回もしっかり笑わされました。熱血乙女と熱血王子。
名付けて、キャーーーーーーときて、アホか貴様コント。
この作家に軽快機知な掛け合いを書かせたら間違いないですね。笑撃的。
しかし堂上。どう見ても郁に迫ってるようにしか見えん。頭なですぎだ。

結末は予想通りの持ってきましたね。
個人的には好きな終わり方じゃなかった。
ベタ甘な展開だから、そこで引っ張られても先読めるってのが。
おそらくキャーーーーーーとなって、アホか貴様!とry

それより柴崎がどうなるか楽しみ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・ア行(有川浩) | comments(0) | trackbacks(0)
『図書館戦争』有川浩
評価:
有川 浩
(2006-02)
Amazonおすすめ度:
あー面白かった!週末に本が読めなかったのでがっつくように一気読み。
ハードカバーで分厚い本ですが、予想に反してさくさく読めた。満腹。

公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律『メディア良化法』が成立・施行された現代。
同法によってあらゆるメディア――書籍・映像作品・音楽作品――が検閲の対象となったが、その独断的な検閲に世論は強烈な反感を示した。
しかし、合法的国務機関の前にメディア媒体は流通するや狩られるのが実情であった。
――そんな情勢下、メディア良化法の検閲権に対抗し得る法が立法化された。それが既存の図書館法に新たに追加された第四章、通称『図書館の自由法』である。
自由を宣言した図書館は、激化していくメディア良化委員会との対立に対抗すべく警備隊を組織し、やがて対立は戦争へと発展していった。



メディア良化法を根拠法とするメディア良化委員会代執行機関「良化特務機関」と、図書館の自由法を根拠法とする地方行政独立機関「図書隊」の対立を理解しないと話についていけない。
視点人物は図書防衛員を志望する女性・笠原郁。
良化特務機関との対立を下敷きにしてるけど戦争以外にも恋愛あり友情あり、笑いあり涙あり、と結構バラエティに富んでる。ラブコメ色が強いかな。

時代設定の突飛さに驚いたけど、対立図を理解できれば後は楽。
登場人物のキャラクターは分かりやすい。王道。
外見だけみれば漫画チックな戦争にツンデレ気味な郁の恋愛模様、とエンタメ性抜群の娯楽作品。娯楽作品は裏返すと内容の薄さを指摘されがちだが本作に関しては当てはまらないと僕は思う。突飛な時代背景にしても押し切るものではなく、よく出来た説明があるので「ありえなくもない」と思えるものだったし、図書隊と良化隊の対立にしても「正義と悪」という単純な勧善懲悪の図式ではないので社会的対立として訴えるものがある。
エンタメ作品として笑いのツボを押さえつつ、自由や権利といった理解しやすいキーワードで自尊心を刺激し満足させる巧妙なプロットだと思う。

登場人物たちの端的で要領を得た言い回しも読みやすく清々しい。
ただ、伏線にひっくり返された感はなく(期待も警戒もしてなかったけど)、展開の大筋は読みどおり。そのもどかしさが面白いと取るか物足りないと取るかは分かれそう。
あんまり書くと続きのレビューが書けなくなりそうだ(笑)

僕は大好きです、笑って泣けて考えられる良い作品だと思いました。
本を守る戦い、だなんて…はまるに決まってるし。
続き読む気まんまんです。そわそわしてます。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・ア行(有川浩) | comments(0) | trackbacks(0)
Categories
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑