スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『殺人ピエロの孤島同窓会』水田美意子
評価:
水田 美意子
(2006-02-20)
Amazonおすすめ度:
絶海の孤島で繰り広げられる惨劇――。

日本から1500キロ離れた、東硫黄島。
火山の噴火によって島民は東京へ移住しており、島には観測員ただ一人が残るだけである。
――4年後。
東硫黄島で同窓会が開かれることになり、かつての東硫黄高校同窓生が集まった。
出席者はクラスメイト36名中、不登校だった一人を除いて35名。
誰もが再会を懐かしみ、穏やかなムードで同窓会は進行していった。
しかし、突如現われたピエロによって島は惨劇の舞台と化す。
<悪魔はだれだ、悪魔をさしだせ>
不気味なメッセージと共に殺人を繰り返すピエロ。
殺人ピエロの正体は。そしてその目的とは――。



本屋で目に留まったのだ。
「なんで孤島で同窓会なんか開いたのよ、わざわざ――」
殺されるために集まったのか、と。
とりあえず読んでみることに。

筆者・水田美意子は、本作で「第4回このミス!大賞特別奨励賞」を受賞しデビュー。
帯の「12歳が書いた連続殺人ミステリー」という一文が目を引く。

ストーリーは意外な展開が無いことが意外、というほどあっさりしている。
「クラスメイトが次々と死んでいく」ところはバトルロワイヤルを思い起こさせる。
こちらは「殺し合い」ではなく趣旨が不透明な連続殺人。
殺人ピエロの真意が分からないぶん、不気味さがある。

設定には気になるワードが目白押しだが、同時に理解できない部分も多い。
そもそも、台風接近中の火山島で同窓会を開くところから「何か」ぶっ飛んでる。
しかもそんなトンデモ同窓会にいじめられっ子1名を除いた35名が出席してしまう不思議さ。
始まる大量殺人。インターネット上で開催される殺人ギャンブルと殺人中継。
そして一兆円の財宝の行方。

諸所の状況描写における筆者の知識量はとても12歳とは思えなかった。
ただ、人物造形ではどうしても筆者に幼さを感じてしまう。
それぞれに人物的特徴はあるものの、皆一様に言動が子供っぽく感じた。
恋愛感情や性欲が妙に印象的に描かれ、大量殺人という脅威に晒されている彼らの緊張感を感じ難い。
なんだか「かくれんぼ」気分で殺人ピエロから逃げてるように見えた。

12歳でこれだけの作品を書く作家が、今後どんな作品を出していくのか。
楽しみに待ってみようと思う。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
投票してランキングサイトを開きます。
作家別・マ行(水田美意子) | comments(0) | trackbacks(0)
Categories
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑