スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『ミノタウロス』佐藤亜紀
評価:
佐藤 亜紀
(2007-05-11)
Amazonおすすめ度:
何者でもないということは――。

革命。破壊。文学。
「圧倒的筆力、などというありきたりな賛辞は当たらない。
 これを現代の日本人が著したという事実が、すでに事件だ」――福井晴敏氏
人にも獣にもなりきれないミノタウロスの子らが、凍える時代を疾走する。
文学のルネッサンスを告げる著者渾身の大河小説。
(出版社/著者からの内容紹介より)

20世紀初頭のロシア。ウクライナ地方。
日雇いから地主へと成り上がった父親の家に生まれた「ぼく」の生涯。



20世紀初頭といえば第一次世界大戦が始まったころ。
物語は「ぼく」ことヴァーシャの一人称で語られていく。

農機具屋から地主へと成り上がった父親の家にヴァーシャは生まれ、
母に溺愛されながら育った兄とは違い、放任的な(放置された)環境で育っていく。
決して口数の多いタイプではないがその寡黙さは決して好ましいものではなかった。
社会と周囲の人間を見下すその姿は見ていて決して気持ちのいいものではない。
なんだか冷たいやつだな〜という印象。
彼は頭が良いが人間性に欠けているらしく、怒り以外の感情表現はまるで今まで必要なかったとでも言うように見える。
ときおり見せる喜びや悲しみの言葉はぎこちなく、そのシニックな寡黙ぶりは言葉にしないだけで周囲の人間を軽蔑していることは明らかである。

人と距離を置いていた彼だが、やがて歪んだ感情が様々な面で顕在化していく。
人妻を犯し、それを半ば強引に押さえ込むが兄からは自殺という形で見限られ、
信頼していたシチェルパートフからは徹底的になじられ、否定される。
激昂したヴァーシャはシチェルパートフを撃ち殺し逃亡してしまう。家族を失い、家を失い、財産のすべてを失ったヴァーシャは文字どおり完全に孤立する。
まさに神も仏も無い転落っぷり。一体何という人生なのだ。
その無法ぶりに開いた口がふさがらない、というか開いた口の閉じ方忘れた。
しかもそこに至っても彼は生き方を変えない。
その強靭な精神力は、もう恐ろしい。

表題となっているミノタウロスというのは牛頭人身の怪物である。
ギリシャ神話において、クレタ島のミノス王が海神ポセイドンより返す約束で預かった美しい牛を返さなかったことが事の発端となる。
ミノス王の裏切りに怒ったポセイドンはミノス王の妻パシパエに呪いをかけ、
雄牛に性的な欲求を抱くよう仕向ける。
呪われたパシパエは雌牛の模型に入り雄牛に近づき、その結果、パシパエはミノタウロスを生むこととなったのである。
忌み子としてこの世に生を受けたミノタウロスは、その凶暴さゆえに迷宮に幽閉され、その最期は迷宮に侵入してきた英雄テセウスに寝込みを襲われ生涯を終える、という哀れなものであった。

本作は望まれず世に生を受けた一人の男を、ミノタウロスの如き生涯として綿密リアルに描いた大作。
読むほどにその圧倒的な世界観に飲み込まれていく感覚は拭うに拭えない。
「この作品を日本人作家が著したことが信じられない」と各方面で評されているが、
全く僕もそう思った。シチェルパートフを撃ち殺した後のヴァーシャの壮絶な生き様は、実際に作品を読んで知って欲しい。

印象に残った言葉

「単純な世界は美しい――
 単純な力が単純に行使されること――それが何の制約もなしに行われること。
こんなに単純な、こんなに簡単な、こんなに自然なことが、何だって今まで起こらずに来たのだろう。
誰だって銃さえあれば誰かの頭をぶち抜けるのに、徒党を組めば別の徒党をぶちのめし、血祭りに上げることが出来るのに、これほど自然で単純で簡単なことが、何故起こらずに来たのだろう」


戦場を前にして、真にヴァーシャが微笑んだ唯一の瞬間ではないだろうか。
ミノタウロスたる彼の心のうちを語った物凄い台詞だ。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・サ行(佐藤亜紀) | comments(0) | trackbacks(2)
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑