スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『ボトルネック』米澤穂信
評価:
米澤 穂信
(2006-08-30)
Amazonおすすめ度:

恋人を弔うために東尋坊に来た嵯峨野リョウは、恋人が死んだ崖に立っていた。
不意に聞こえるかすかな声、強烈な眩暈とともに薄れていく意識、よろけた先に地の感覚は無かった。
意識を取り戻した彼を待っていたのは、不可解な出来事ばかりだった。
崖から落ちたはずの彼が気がついた場所は、東尋坊からは遠く離れた住み慣れた街中のベンチだったのだ。
困惑を胸に押しとどめつつ自宅に帰った彼を出迎えたのは、――存在しないはずの「姉」だった。




【ボトルネック】
瓶の首は細くなっていて、水の流れを妨げる。
そこから、システム全体の効率を上げる場合の妨げとなる部分のことを、ボトルネックと呼ぶ。
全体の向上のためには、まずボトルネックを排除しなければならない。



のっけからさらりと異世界に行っちゃった。
目覚めた世界は「自分が生まれなかった世界」
しかも、自分がいた世界では産まれてこなかった姉が存在している。
パラレルワールドと言うのかな、枝分かれした可能性の世界。
姉が産まれ、自分が生まれてこなかった世界に迷い込んだリョウの物語。

もうね、何て虚しい物語なんだろう。虚しすぎる。
ため息が100回出た。ごめん100回はウソ、20回ぐらい。
たとえば「あなたがいてくれて良かった」という世界に生きている人が、
自分の生まれてこなかった世界に迷い込んだとする。
それは、きっと自分の存在価値を見出す物語だろう。
ただ、それが逆であった場合これほど残酷なことはない。
自分がいた世界で起こった悲しい出来事が、自分のいない世界では起こらない。
そんなの、誰が何と言おうと存在否定されたようなものではないか。
これはそんな物語。
自分の存在しない世界の淀みない流れを知り、ボトルネックとして自分を見つめさせられる。
誰かに悪意を持って生きてきたわけではない、真面目に生きてきたつもりだったのに。
何が悲しいってね、パラレルワールドは可能性の数だけ存在するものだろうに、
彼が迷い込んだ世界は残酷にも「彼が存在せずに事が上手く運んだ世界」なんだよ。
たくさんのパラレルワールドの中からよりにもよって、と思ったのは僕だけ?
そんなもん見せられたら誰だってへこむってば。
いや、へこむどころかへこみすぎて穴があく、僕だったら。
救いがないとは言わないが、ひたすら虚しいの一言。

乙一、有川浩、とライトノベル出身の作家の魅力に遅ればせながら気づき、米澤穂信に興味を持ったのだ。
本作にも確かにライトノベル味は感じられる。
しかし、この筆致は何と言うのだろう。
突き抜けたオリジナリティと言うか、……言葉の引き出し少ないな自分。笑
ぐいと引き付けておいて、躊躇い無く突き放す思い切った書きぶり。
夢や希望が語られる小説が多いなか、存在意義を絶望的に語った本もあって然るべきなのかもしれない。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・ヤ行(米澤穂信) | comments(0) | trackbacks(0)
Categories
Recent Entries
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑