スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『きみにしか聞こえない―CALLING YOU』乙一
乙一って、白だ黒だ言われるだけあって、作品の幅が広いんですよね。
でもって、読むまでどっちだか分からないの。開けてびっくりだよ。浦島乙一。

さて、表題作を含めた計三作が収められた短編集である本作ですが何色でしょうか。なーんて考えながら読んでみました。
以下ネタバレ

【きみにしか聞こえない CALLING YOU】

人付き合いが苦手でクラスに馴染めない女子高生・リョウ。
いつしか孤独から逃げるように頭の中で携帯電話を思い描く。
実際には存在しないはずの頭の中の携帯電話。
しかしある日、その携帯電話が鳴り出して…という話。



テレパシーをベースにしたような物語だけど、その出来にはベースを切り離した独自の世界がある。現代社会の代名詞でもある携帯電話を素材にするところが秀逸で、現代を生きる人なら楽に感情移入できるだろう。
人と人をリンクさせるアイテムとしてこれほど馴染み深いものはないんだから。

話の設定に、特殊な制限やルールがたくさんあるのに、
「頭の中の携帯電話」という受け皿で許容してしまうところがすごい。
強引だけど乙一らしい。なぜか納得してしまうから不思議。ステキです。
柔らかい比喩を使った心理描写も女子高生らしくて良いし、幼いのにどこか冷めてる文体も、リョウの覚束ない強がりを表現していて分かりやすい。

特筆すべきは、リョウとシンヤが知り合う前と後の、物語に漂う印象の変化。
暗い孤独感が払拭されて、暖かい幸福感に変わっていく様が自然でとても心地いい。乙一の筆力は本作でも健在だと断言できる。

ただ、結末に色々と詰め込みすぎてる感じがする。
シンヤが死んだ後、リョウが一時間前のシンヤと頭の中の電話で話すシーンだけで充分だったなあ。
大切な人を失った悲しみを二度体験する辛さ。
でも失った大切な人とまだ話せる、言い残したことを伝えられる幸せ。
もうね、びしょ濡れですよ。枕が。
悲しく幸せな30分…もう切ないの通り越して苦しかった。
下手に先読みせず、素直に読んでほしい話ですね。


【傷 -KIZ/KIDS-】

悲しい過去を持つ主人公が、編入された特殊学級で不思議な少年・アサトに出会う話。



物語背景や人物設定に奇抜さは無い。
無いのに何故こんな話が書けるの、と言いたくなる作品。
「切ない」が乙一の代名詞になってるけど、乙一の切なさって孤独なんですよね。
『CALLING YOU』も『華歌』も、そして『傷』も孤独からはじまりますよね。
そういえばこの前読んだ『天帝妖狐』も孤独だ。
そう思うと、乙一がたくさんの人に受け入れられてることって、今の時代を象徴してますよね。携帯電話にインターネット、コミュニケーションの手段は手軽に幅広くなっているのに、「孤独死」なんて言葉まで出てきて、逆に孤独な人間が増えてる気がする。
みんな程度の差こそあれ孤独を感じて生きてるのかなあ、なんて思ったり。

話それてた。
基本的には、主人公と超能力を持つ少年が悲惨な過去と能力者故の苦しみを乗り越える話。ただ、その超能力はかなりきつい。
他人の傷を自分に移すことができるという、自己犠牲としか言いようのない痛々しい能力。
救済措置として、逆に自分の傷を他人に移すこともできるのだが、この能力者のアサトという少年、バファリンの半分で作られたような優しさのかたまりで、他人の痛みを肩代わりすることは出来ても、誰かに自分の痛みを押し付けることは出来ないという天使のような心の持ち主。

泣きそうにはなりました。でも泣けなかった。
ちょっと自己嫌悪でブルーになりますねこれ。
アサト君が純粋で心優しいんです。汚れがなさすぎ。疑うことを知らなさすぎ。
それに比べて自分は打算的な生き方してるなあ、と悲しくなったんです。
この作品は、相手を選んでオススメしよう(笑)


【華歌】

事故で心に傷を負った主人公が不思議な花に出会う話。



これは好き嫌いがはっきり分かれそうな作品。
他の作品同様、切ないことは切ないのですが、作りは別物です。

主人公と歌う花との関係が微妙なんですよね。
ファンタジーのテイストで、一気に押し切られるというのか。
ミサキの実家に主人公が行くあたりまで単調に進むから、このまま終わっちゃうの?という感じで読んでました。
もちろん終わらないです。
だけど、真相が分かっても、ああ、そうなのか、って意外性はあるけどいまいち感動できない。
多分、真相を知ってたら主人公の行動や、花との関わりにも納得がいくんですけど、結末まで伏せられてるからいまいち感情移入できなかったのかな。
真相を知ったときには話が終わるし、感情が追いつかなかった。
切ない話で、泣き要素を伏線に使う挑戦的な作品。
個人的には、のりきれない感じでした。


僕は、『きみにしか聞こえない』が一番良かったです。
RADWIMPS聴きながら読んでたので余計に泣けたのかも。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読んでいただきありがとうございました
作家別・ア行(乙一) | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
コメントありがとうございました!

「きみにしか聞こえない」
映画の設定は少し、違いますが、最後のシーンは本当に
感動しました。

やっぱり乙一さんの作品は素晴らしいなぁって改めて
思いました。

KIDSも期待できそうですね!

また、遊びにきまぁす
Posted by まに仔 | 2008/02/01 6:42 PM

「きみにしか聞こえない」DVDレンタルして見ました!

まに仔さんが言ってたように設定が結構変わってたりしましたけど、ラストシーンは映像ならではの感動ありますよね。
うーん、思い出すだけでじーんとくる。

KIDS、来月公開の死神の精度と、
気になる映画ばかりです(笑)
Posted by ユウキ | 2008/02/04 5:24 PM

Post a Comment










Trackback URL
http://u-key7.jugem.jp/trackback/18
Trackbacks
Categories
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑