スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『スナーク狩り』宮部みゆき
評価:
宮部 みゆき
(1997-06)
Amazonおすすめ度:
スナークとは何か――人間の真実を抉るサスペンス

関沼慶子はある目的を果たそうと結婚式場へ向かっていた。
彼女の元恋人であり新郎として式に臨んでいた国分慎介はそんなことを知るよしもなかったが、やがて散弾銃を手に彼女は結婚式場に現われた。
しかし、彼女もまた知らなかった。その晩、自分の持つ散弾銃が別の目的のために奪われようとしていたことを。



まったくの無関係であった事件が絡まり大きなうねりとなっていく。
失恋にケジメをつけようとする関沼慶子。妻子を殺した犯人の価値を見定めようとする織口邦男。織口の犯行を察知して未然に防ごうとあとを追う佐倉修治。
交錯した事件はそれぞれ並走するように語られていく。

初っ端から緊迫感が溢れていて、あっという間に話に引きずり込まれた。
細身の美人が散弾銃片手に結婚式場に乗り込むインパクトったらない。
また引き上げたテンションをトーンダウンさせることなく結末まで持続させた筆力は見事。画が見えそうなほど丁寧な描写、急かさない待たせない話の運び方が快適。ファンが多いのも頷ける。

僕が弱いんですよね、こういったつくり。
様々な人間がいつの間にかつながっていて結末に集結するの。
物語の唐突な始まりに訳の分からない部分もあって「どうなってるの?」と首をかしげながら読んでしまうが、その全容は序盤のうちに明かされるので疑問は難なく解消された。ここから構成の巧さを感じることになった。
最初の事件の真相には、第二の事件の結末を左右するほどの重要な秘密があったのだ。追う側にも追われる側にもそれぞれ知っている事実と知らない事実が混在していて、結末を予想するのが困難、それだけに一体どういう結末になるんだとページを捲る手を止められなかった。

結末は予想外で驚いたし面白かった。が、結末の一部の書きぶりがすんなり頭に入ってこなくて少しもやっとした感じが残った。
スナークの意味を考えると納得できなくもないが…。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
投票してランキングサイトを開きます。
作家別・マ行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://u-key7.jugem.jp/trackback/34
Trackbacks
関沼慶子は、元恋人(国分慎介)の結婚式に【散弾銃】を持って現われる! 寸前で踏み留まるものの、自宅に戻ったところを釣具店の良心的な店員(織口)に襲われ【銃】を奪われ… 愛・裏切り・狂気・哀・憎・嫉妬・友情・報復… 様々な人の思いが複雑に絡み合い、次第に
| *読み出したら止まらない* | 2008/03/04 4:10 PM
Categories
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑