スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『クローズド・ノート』雫井脩介
評価:
雫井 脩介
(2006-01-31)
Amazonおすすめ度:
忘れられたノートを開くとき――忘れられない想いに気づく

引っ越した部屋のクローゼットから、前の居住者が置き忘れたキャンパスノートを見つけた大学生の香恵。
親友が留学してしまった寂しさから、ある晩、香恵は忘れられたキャンパスノートを開いてしまう。
「伊吹's note」と題されたそのノートには、真野伊吹という女性教師の日記が綴られていた。
伊吹の姿に影響を受けて少しずつ変わっていく香恵。
伊吹の物語に勇気づけらながら香恵の物語も歩き始めていった。
重なり合う物語、しかしノートを読み終えたとき――。



『犯人に告ぐ』『火の粉』と読んだ本が当たり続きの作家・雫井脩介。
今回は映画化されたことでも話題を呼んだ『クローズド・ノート』を読んだ。
犯罪小説を書く雫井脩介のイメージが強烈だっただけに、恋愛小説を書く同氏の姿はなかなか想像できない。
さあ読むぞ、というより試しに読んでみるか、と思って手に取った。

大筋は予想通りの展開なのに不覚にも泣いた。
これまでの作品でも感じていたが、雫井修介は文章の押し引きが抜群に巧い。
押し付けることもないし、引きすぎて味気ないこともない。
読み手の感情を丁寧にリードしてくれる。とても読みやすい。

万年筆のくだりなんかは絶妙だ。
専門的な用語を使いつつも、自然な描写を織り交ぜることで万年筆の良さをたっぷり味わせてくれる。
イマジネーションを刺激してくるのだ。万年筆持つのも悪くないな、ちょっと欲しいなあ、いやかなり欲しいぞと思えてくる。笑
作中の言葉を借りるなら、筆者こそ万年筆に魂をこめてるよ。
気づけば主人公が万年筆に抱く愛情を共有してしまってるもの。巧いわー。

ストーリーは、ほとんど予想の範疇から出ることなく進んだが、辟易することなくさくさく読めた。
これぞ「正統派」じゃないだろうか、って言うほど恋愛小説読んでないんだけど、人物配置は王道だと思う。
運命的に出会った男、いけすかない恋敵、空気読めない男、報われない友情。
――ああもう、頑張れ香恵!と応援してしまった。笑

後半に差し掛かるあたりで小説を読んでいるというより、香恵という大学生の日記を読んでるような気分になってきた。微笑ましい日常を眺めてる、そんな気分。
落ち着くべきところに落ち着いたという話だが、想像の余地が残されているところが良い。
それこそ「香恵's note」はこれから記されていくんだろうなあ、と一人ごち。笑
たまには、こういうまったりした本を読んでホロリと涙を流すのも悪くないなあ。


印象に残ったフレーズ

「私は自分で考えているよりもずっと、自分の気持ちを押し隠して生きているのかもしれない」


誰でもそうじゃない?と思ったが、言葉にされると響くものがあった。


にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
うちのクローゼットには誰も忘れ物していませんでした
作家別・サ行(雫井脩介) | comments(1) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
私も電車の中で読んでいたのですが最後のあとがきを読んで雫井さんのお姉さんがモデルということを知り、涙がでてしまいました。あらすじは読める内容だったんですが読んでいて共感できることがとても多くて良かった気がします!というか作者が男の人だと知って驚きました!
女性からの視点にしかみえなかったんですけど……





Posted by あやか | 2008/08/18 5:16 PM

Post a Comment










Trackback URL
http://u-key7.jugem.jp/trackback/40
Trackbacks
タイトル:クローズド・ノート 著者  :雫井脩介 出版社 :角川書店 読書期間:2006/12/08 - 2006/12/09 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 私の部屋に置き忘れられた一冊のノート。はじめは手に取るつもりもなかったのに。そのノートを
| AOCHAN-Blog | 2008/04/06 9:02 PM
Categories
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑