スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
『ビター・ブラッド』雫井脩介
評価:
雫井 脩介
(2007-08)
Amazonおすすめ度:
個人的には名前だけで読む気になる作家、雫井脩介。
彼の『ビター・ブラッド』という作品を読んでみた。

「あれ、これホントに雫井脩介?」
表紙を再確認・・・。
これまでの雫井作品にはなかった軽妙な筆致が印象に強く残った。
何か・・・新路線?
いや、こういったエンタメ色の強い作品が嫌いなわけじゃない。
実際、ライトノベルも好んで読んでたりするから、むしろ好き。
ただ、警察官や犯罪者の悲哀をひたすらシリアスに描いてきた『犯人に告ぐ』『火の粉』『虚貌』とは趣きが全然違うので、あの世界観を求めていたぶん、なんだかちょっと肩透かしをくらった感じなのだ。
雫井本は「黙々と読むもの」として、読み方カテゴライズしてたぐらいだから。笑

雰囲気は『クローズド・ノート』に近いかもしれない。
あのしっとりとした感じは全く無いが、根底にあるものは似てる気がした。

少々複雑な家庭に育った新米刑事・佐原夏輝が主人公。
幼い頃に両親は離婚。夏輝と妹は母親に引き取られるも母親は失踪して行方知れずに。
家庭を省みなかった父親に強い嫌悪感を抱きながら夏輝は育った。

分署の刑事となった夏輝はある日、有名な情報屋の転落死事件に遭遇する。
警察とも関わりの深い情報屋でもあったため、本庁捜査一課を中心とした帳場が立てられることになり、夏輝も応援として本庁へ出向くことになった。
しかし出向いた夏輝とコンビを組むために待ち受けていたのは、捜査一課のベテラン刑事であり父親でもある明村であった――。



刑事の花形は、捜一らしい。
新米刑事・夏輝の前に(颯爽と?)現われた捜一五係。
○○レンジャーばりに一人一人解説(説明しよう、と割り込んでくるあの解説)が付き、
アイスマン・バチェラー・ジェントル・チェイサー・ゴブリン・スカンク・アラエモン……そしてジュニアと、○○にほえろ!ばりに愛称が付いている刑事の面々。

何かねえ、もったいない気が。
これだけキャラ前振りしておいてほとんどほったらかしにするってのは。
もう少し彼らの人物が立つ場所が見たかったなあ。
ジェントルの一人舞台、でもないか。チェイサーちょっといいところあったし。
刑事じゃない相星がおいしいところ持っていった感もある。笑


ミステリとして読むには少々物足りないかも。
だってさ、大して自信も根拠もなく何となく怪しく見えた人物がそのまんま犯人だったのよ。笑
月九の連ドラを見てるように映像が浮かんでくる分かりやすい展開、人物をコミカルに描くことで事件の陰鬱さを感じさせない作り、なかでも夏輝と明村、夏輝と相星の漫才のような掛け合いがとにかく笑えた。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
読書、リンク、ですっ(ジェントル仕込み)
作家別・サ行(雫井脩介) | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://u-key7.jugem.jp/trackback/50
Trackbacks
Categories
Recent Comments
Archives
ランキング
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキングへ

Search this site :
RECOMMEND
RADWIMPS2~発展途上~
RADWIMPS2~発展途上~ (JUGEMレビュー »)
RADWIMPS,野田洋次郎,服部隆之
ラッドにはまってます。
発展途上には収録されていないものもあるけど、「愛し」「祈跡」「夢見月に何想ふ」「ふたりごと」「もしも」は、もう長いこと僕の部屋でヘビーローテーション。笑